博多温泉二日市温泉船小屋温泉筑後川温泉原鶴温泉脇田温泉
ホーム温泉豆知識ゴルフ特集福岡マップ

温泉の分析表を見てみよう


「温泉分析表ってなんだか難しそう…」と敬遠していませんか? コツさえつかめば結構カンタン。
温泉の成分や適応症を知れば、さらに「自分好みの温泉」に出会えるはずですよ。


所在と湧出地をチェックしましょう。いわゆる近ければ近いほど、新鮮な温泉ということを意味します。

温泉法では水温が25度以上なら温泉とみなされます。普段、私たちが一般的に適温と感じる温度が40度〜41度。温度の管理方法は、自然冷却、熱交換機の利用、水うめな ど様々です。
●冷鉱泉/25度以下 ●微温泉/25度〜34度未満
●温泉/34度〜42度未満 ●高温泉/42度以上

毎分何リットル湧出するかを示します。ちなみに、水道の蛇口からは毎分約6リットルの水が流れているといわれます(地域や蛇口のタイプなどによっても異なります)。

pH(ペーハー)とは水素イオン濃度の単位。酸性〜中性〜アルカリ性を区別できます。酸性泉は物質を溶かす力が強く殺菌効果があり、また、反対にアルカリ性泉は体に対する刺激が弱く、その多くは無色透明、無味無臭で、お湯が柔らかいのが特徴的です。

○強酸性泉/pH2未満 ○酸性泉/pH2以上3未満
○弱酸性泉/pH3以上6未満 ○中性泉/pH6以上7.5未満
○弱アルカリ性/pH7.5以上8.5未満 ○アルカリ性泉/pH8.5以上

現在は11種類分類法で分けられるのが一般的です。泉質は温泉の性格。厳密にいえば2つとして同じ泉質はありません。よって好みは十人十色。自分だけのお気に入りはココを目安にすると探しやすいでしょう。
●日本で一番多い泉質は?
食塩泉が全体の約35%を占めます。以下、単純泉、硫黄泉です。逆に少ないのが明礬泉(みょうばんせん)や酸性泉です。
●いわゆる「美人湯」はどの泉質?
ナトリウム−炭酸水素塩泉には石けん効果があり、皮脂などの余分な分泌物を洗い流す効果があります。そのほか、アルカリ性単純温泉や、カルシウム−硫酸塩泉などにも肌によい成分が含まれます。

正しい温泉の入り方


意外と知っていそうで知らない正しい温泉の入り方。かけ湯や半身浴、マッサージなど、より体に効果的な入浴方法を実践して、更に温泉の達人を目指しましょう。



ホーム /  博多温泉 /  二日市温泉 /  船小屋温泉 /  筑後川温泉 /  原鶴温泉 /  脇田温泉 /  温泉豆知識 /  ゴルフ特集 /  温泉マップ
●福岡県観光温泉地協会 〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7
TEL 092-651-1111 FAX 092-645-0020
●福岡県観光連盟 〒〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7
TEL 092-645-0019 FAX 092-645-0020
●福岡県観光情報センター 〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1
  アクロス福岡2階「文化観光情報ひろば」内
TEL 092-725-9100 FAX 092-725-9102
福岡県観光温泉地協会バナー